生命保険にかかる税金?知らないと損することもあります!

どうも!

きらたです。

生命保険に加入するときに受け取るときの税金の説明は受けていますか??

生命保険は受け取り方で税金の種類が変わってきます。

何も知らずに加入していた場合に、

生命保険を受け取る時に税金にびっくりしてしまうことがあります。

今回は生命保険を受け取るときの税金についてわかりやすく説明させていただきます。

生命保険には3人の登場人物

生命保険に加入するときにはまず3人の登場人物がいます。

①契約者

②被保険者

③受取人

この3人の登場人物の関係で生命保険の受け取る時の税金の種類が変わってきます。

まずは3人の登場人物について説明していきます。

契約者

契約者とは保険に契約をする人の事で

保険料(掛け金)を支払う人です。

契約者は加入後に変更することもできます。

被保険者

被保険者は加入する保険の対象者です。

生命保険であれば被保険者が亡くなった時に

死亡保険金が支払われます。

被保険者は加入後の変更はできません。

受取人

受取人は読んだままの保険金を受け取る人になります。

受取人は加入後いつでも変更できます。

生命保険の税金の種類

生命保険の税金の種類は3つに分かれます。

①相続税

②所得税

③贈与税

えっ、生命保険の税金て3つも種類があるの???

そんなの覚えられないよー

と思った方もいると思います。

生命保険の税金の種類を理解するのに一つコツがあります。

それは

誰がお金を払って

誰が亡くなって

誰が受け取るか

これさえ押さえておけば覚えることもなく

理解できるので大丈夫です。

契約者 被保険者 受取人 税金の種類
A A B 相続税
A B A 所得税
A B C 贈与税


相続税になる場合

相続税になる場合は上記の①のような場合です。

契約者:A 夫

被保険者:A 夫

受取人:B 妻

一般的な生命保険の加入の仕方ですね。

が保険料(掛け金)を負担して

が亡くなった時に

が保険金を受け取る

この場合は夫の財産を妻が相続するというカタチになるので

相続税の対象になります。

相続税の場合は受取人が相続人の場合

500万円×法定相続人

の金額が生命保険控除として非課税になります。

(例)
この家族に子供が2人いた場合は

妻と子供2人が法定相続人になり

法定相続人は3人になります。

なので

500万円×3人=1,500万円までは非課税になります。

3,000万円保険金を受け取ったとしても

3,000万円(保険金)-1,500万円(生命保険控除)=1,500万円

実際に相続税の対象となるのは1,500万円になります。

所得税になる場合

所得税になる場合は上記の②のような場合です。

契約者:A 夫

被保険者:B 妻

受取人:A 夫

が保険料(掛け金)を負担して

が亡くなった時に

が保険金を受け取る

夫が自分で支払っていて、自分で受け取るので所得税の対象になります。

このケースは妻が専業主婦で生命保険に加入するときに多いです。

夫が契約者で契約していると年末調整や確定申告で

生命保険控除を受けられるメリットがあるので勧められたと思います。

所得税で受け取ると保険金の金額によっては、

次の年の住民税もドーーンと上がって大変なことになる可能性もあります。

所得税で受け取るときの契約形態は生命保険控除のメリットだけでなく

受け取るときの税金のことも考慮して検討しましょう!

贈与税になる場合

贈与税になる場合は上記の③のような場合です。

契約者:A 夫

被保険者:A 妻

受取人:C 子

が保険料(掛け金)を負担して

が亡くなった時に

が保険金を受け取る

このケースは夫が支払っていた契約を、

第3者の子に渡すというカタチになるので贈与税の対象になります。

正直、この契約形態では保険会社が引き受けてくれない可能性が高いため

この契約形態は見たことがありません。

保険会社はモラル上、このような契約形態は引き受けしないようにしています。

まとめ

①生命保険は受け取り方で税金の種類が変わる

②契約者・受取人はいつでも変更できるので税金の種類を変えることができる

加入時はここまで説明を受けていない方も多いと思います。

今一度、あなたの生命保険がどのような契約形態になっている確認してみましょう!

理想の契約形態ではない場合は早急に名義の変更をしましょう!!

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする