成績が優秀な保険営業マン=お客様主義とは限らない??

どうも!

きらたです。

どの業界も成績が優秀なセールスマンやセールスレディは、業界の知識が豊富で人とのコミュニケーションが高いと思いますよね?

しかし、生命保険の業界はすべての成績が優秀な人に当てはまることではありません。

もちろん、成績が優秀で人として立派な方もたくさんいらっしゃいます。

あなたの現在加入の生命保険はどのような経緯で加入されましたか??

職場に訪問してくるセールスレディから加入した。

両親の担当者で自分たちも加入させられている。

知人からの紹介で加入した。

インターネットで資料請求したときに無料で相談に応じてくれた担当者から加入した。

インターネットで加入したので担当者はいるかわからない。

など保険に加入する際はいろいろな経由で加入されます。

もし、あなたの前でニコニコしている現在加入している生命保険の担当者が裏では自分の成績のことしか考えていなかったらどうしますか?

それでもちゃんとした内容になっていればいいですが、内容もめちゃくちゃだったら・・・・。

生命保険は本当に人生で2番目に高い買い物?

よく生命保険は人生で住宅の次に高い買い物だと言われます。

しかし、私は必ずしもそうではないと思います。

むしろ、生涯の消費になるお金はなるべく減らしたいですよね?(笑)

高齢者になるまで無駄な保険に加入し続けた場合は本当に人生で1番か2番に高い買い物になってしまいます。

最悪なのは高齢者になった時に年齢による制限で保障は継続することはできず、お金も全然貯まっていないかったという状況です。

高いお金だけ払い続けてきて保険の必要性が高まった年齢になると終了~となるパターンです。

このようなお客さんはどこかに怒りをぶつけたい気持ちになりますが、担当者はすでに辞めているということがたくさんあります。

「誰が悪いのか?」

担当者が嘘をついていた場合は担当者が悪いですが、担当者に任せっきり自分で内容も確認せずに「はいはい、印鑑ね!」としてきていた場合の方が多いですが、厳しいようですこれはが完全にご自身のせいですよね?

担当者を信頼していた気持ちはあると思いますが、自分で調べるということは本当に大事です。

保険=お金が勝手に貯まっていると思っている方はたくさんいらっしゃいますが、すべての商品に当てはまることではございません。

このことについては、生命保険の仕組みで説明させていただきます。

現在はインターネットでもたくさんの情報がありますが、正しい情報や間違った情報、自分に合う情報合わない情報など様々なので見極める力が必要になってきます。

この記事を読まれた方には是非、物事を自分で見抜く力をつけていってほしいです。

次に生命保険の営業をしている人にはいくつか種類があるので紹介したいと思います。

保険の営業の人には種類がある

生命保険の営業をしている人や経験者ってあなたの周りにもたくさんいませんか?

異業種交流会などに顔を出す機会がある人はわかると思いますが、人が集まるところには必ずといって保険の営業をしている人がいます。

いろいろ保険の営業の人と会ってきた人たちはわかると思いますが、一言で保険の営業といっても様々な種類の人がいます。

今回は保険営業の大きな種類について説明致します。

国内生保のセールスレディ

国内生保というのは、日本に昔からある生命保険会社で会社名が漢字で書かれているあなたが思いつくような保険会社です。(日〇生命・第〇生命・住〇生命など)

日本で一番多いタイプの保険の営業です。

国内生保のセールスレディは保険というものを戦後の日本に広げた立役者です。

この方たちのおかげで保険に入るのが当たり前という日本になったと言っても過言ではありません。

昔はよく職場の休み時間などに、毎日保険営業の若い女性の二人組がやってくるという光景があったと思います。

今では個人情報保護法から大手企業などには訪問しづらくなっているようですが、学校や警察・消防などの地方公務員のところにはまだ毎日訪問する姿が見られるところがあります。

国内生保の方の見込み客の増やし方で多いのがアンケートです。

あなたも心あたりがありませんか?

プレゼントがもらえるのでアンケートだけ記入してください。」

としつこく言われ渋々アンケートに答えると何日か経つと

「あなたにピッタリな保険商品はこちらです!!」

と言って、いきなり保険の設計書を持ってきます。

しかも、その内容は同僚の人全く同じ商品でほとんどが同じ内容です。

毎日飴やお菓子を持ち歩いて配ったり、誕生日の時にはプレゼントをしたり、男性に対しての営業では若い女性との合コンなどの男女の出会いの場を作ったりしている人もいます。

とにかく契約が取れるまでは熱心に訪問しますが、契約がもらえないと確信した途端に態度が一気に変わる営業の方もいます(笑)

国内生保の営業の方で成績が優秀な方は、人付き合いが上手だったり面倒見がいい人が多いです。

熱心としつこいは紙一重と言いますが、熱心と感じられる方が成功しています。

全員の国内生保の方が該当するわけではないので、使命感を持ってお客様の夢や不安をヒアリングして本当に必要な保障を考えお客様目線で営業されている方もたくさんいると思います。

カタカナ生保

カタカナ生保というのは、外資系の保険会社で名前がカタカナの保険会社になります。

外車に乗って、オーダースーツをまとい、ピカピカの靴に手首には見るからに高そうな時計がちらりと見え、重そうなカバンを持ち、いつも髪型がバッチリ決まっているいかにも私できますよオーラが出ている人がカタカナ生保の代表のような感じです。

カタカナ生保の方たちは、ほとんどが他業種からスカウトで入社しています。

中には他社で保険営業を経験をした人は入社できないという会社もあるそうです。

スカウトをされる人たちは主に銀行の営業マン・住宅メーカーの営業マン・他にも営業でバリバリやってきた人たちが多いです。

営業でバリバリの人たちを誘い、

「外資系の保険会社では完全歩合でやればやるほど収入が上がる」

「世の中に保険は必要で強い使命感を持ってやれる人を探している」

などと口説き落とし明るい夢を持って入社します。

冒頭の説明で話した高級なものを身にまとっているのは、稼いだからいいものを購入するのではなく、入社してすぐに外車などの高級車を購入することを進められる事が多いです。

理由は大きく二つ、

「一流になるためには一流のものを身にまとったり一流のサービスを受けることで自分自身を高める」

「多少無理なローンを組むことで後戻りできない状況を作り、自分を奮い立たせて仕事に励むようにする」

よく芸人さんたちも高級なマンションに住んで自分を追い込むといった方法と同じですね。

中には、奥さんに外資系の保険会社に転職することを反対され1年後に○○円の収入を貰っていなかったら離婚すると奥さんに約束されて入社した人もいます。

離婚をかけての転職とは本当に命がけのようなもです・・・。

ここまでするのは稀だと思いますが・・・(笑)

初めから自分自身を追い込む人が多いので成功する人は本当に成功しています。

しかし、重圧に耐えきれずに押し潰されてしまう人もいます。

外資系の保険会社は一般的に固定給の期間が短く、すぐに完全歩合の収入になります。

うまくいく人はどんどん収入を伸ばし、落ち込む人は苦しい思いをして退社していくことになります。

カタカナ生保の方たちは、夢を膨らませて入社してくる人ばかりでギラギラしています。

基本的に個人事業主なので労働時間などは関係ないので、日中はアポイントでギッシリで走り回り、帰社すると夜遅くまでロープレをし日々の営業のために完璧に備えておきます。

ロープレとは営業の会話の練習で、会社の同僚にお客さん役をしてもらいAと言われたらBと答えるなど営業話法を確立するためにやります。

どの話法を使えば契約になるかを徹底的に研究します。

カタカナ生保で成績が優秀な方には保険のプロというより営業のプロが多いです。

保険に加入するならこの担当者じゃないとダメだ思わせるのが得意な人が成功しています。

カタカナ生保の方たちの主な見込み客の見つけ方は紹介です。

契約が終わっても紹介を貰うまでは帰らないぐらいギラギラしています。

もちろん、紹介してもらうための話法も研究・練習しているので上手な人はどんどん紹介をしてもらいお客さんを増やしていきます。

保険代理店の営業

保険代理店にはいろいろな人がいます。

損害保険の研修生を卒業して代理店に入社する人や、国内生保やカタカナ生保で保険営業の経験者も多いです。

保険業界には国内生保やカタカナ生保で成績があまりよくなく、次から次へと保険会社を渡りあるく渡り鳥と呼ばれる人がいますが、最終落ち着くのが保険代理店か保険業界から離れるといった感じです。

保険代理店の営業は経験者が多いので、今までの自分のお客さんに対して

「複数の保険会社を取り扱えるようになったから今より内容をよくできたり、掛け金を安くすることができますよ」

とアプローチしていくことが多いです。

確かに保険は商品がことなるごとにおすすめの保険会社も変わってきます。

がん保険なら○○保険会社、医療保険なら○○保険会社、たばこを吸わないなら○○保険会社が安くなるなど組み方によってはお客さんのメリットは高まります。

しかし、ここでの落とし穴が担当者の言いなりになっていてはもしかすると担当者が保険会社から受け取る手数料が高い商品を案内されているだけということもあります。

保険代理店は商品を販売すると保険会社から手数料が入ります。

同じ医療保険で同じぐらいの掛け金であってもA社とB社の手数料は違います

担当者がよくない人でしたら手数料だけで商品を選ばれているという可能性もあります。

人脈が多い人ほど成績が優秀な傾向

保険の営業で成功している全ての人が保険や金融関係のプロかというとそうではありません。

保険のことはあまり理解しておらず、パソコンなども苦手で自分で見積もりなども作ることができなくても成績が優秀な人もいます。

そのような方は保険や周辺知識がなくても人脈をたくさん持っているだけで、バンバン成績を上げています。

人間関係の構築スキルが高く、人付き合いが上手で人間関係だけで保険を販売しています。

難しい内容の説明をするときには上司に同行してもらい上司に説明をしてもらいます。

一方、ファイナンシャルプランナー・終活プランナーなどいろいろな資格を取得したりして保険の営業で成功している人もたくさんいます。

しかし、資格などをたくさん持っていて知識が豊富でも成績優秀とは限りません。

保険の営業はお客様のために必死で勉強しても、披露するお客様がいないと少しも成績には繋がりません。

保険の営業は離職率が高いですが、退職するほぼ100%訪問先が無くなり成績が上がらず収入が激減し生活が厳しくなるためです。

そのため保険の営業は知識が豊富よりも、人脈が多い人や人付き合いが上手な人が成功する傾向にあります。

せっかく保険に加入するのであれば、知識が豊富で成績が優秀な方から加入したいですよね??

そんな営業マンの見分け方を暴露していきます。

お客様主義の営業マンを見分けるためには??

保険の営業では成績が優秀でも、知識が豊富な人とそうでない人がいることを暴露してきました。

あなたはどちらの営業マンから加入したいですか?

知識が豊富に決まってますよね?

あっ、成績が優秀じゃなくても知識が豊富な人はいますが近い将来退職するかもしれません。

担当者が退職すると不安だという方は成績が優秀な方を選択しましょう!

成績が優秀で知識が高い営業マンから加入すると、あなたのライフプランの事や住宅ローンの相談、相続の相談・投資の相談などいろいろなアドバイスを聞くことができます。

そして、すべてを保険で解決しようとはアドバイスしないはずです。

例えば、老後の生活費が心配だというお客様に貯蓄系の保険商品だけを案内する営業マンは自分の成績しか考えていないと思ったほうがいいです。

老後の資金準備であれば、銀行の定期預金NISAiDeCoなど保険以外にも用意する方法もあり保険も含めてそれぞれのメリット・デメリットを説明してくれる人は、あなたのことを本当に考えてくれていると思います。

しかし、あなたがこのようなことを知らなければ、営業マンに老後の資金準備は貯蓄系の保険がいいと勧められ保険に加入することになります。

つまり、あなたが知らない時点でお客様主義の営業マンを見分けることはできません。

あなたもある程度の周辺知識を身に着けて営業マンと話をしたほうがいいです。

営業マンの知識を確認するために

保険に加入する際のデメリットを聞いてみましょう!

完璧な保険などこの世にはないので何かしらデメリットがあります。

デメリットもしっかりと説明してくれる営業マンを選びましょう!

経験年数や今までの経歴などを聞いてみましょう!

保険営業が3年以内となるとすぐに退職する可能性は高いです。

完全歩合制の収入で5年以上勤めていればある程度成績があがっていて収入があるということです。

公的な制度の事を聞いてみましょう!

公的な制度とは、年金・国民健康保険・社会保険などで本当に足りないのか確認しましょう!

公的な制度をちゃんと説明できない人は保険を売りたいだけです!!

無駄な保険に加入させられる危険性があります。

さいごに

本当にお客様の事を思っている優秀な保険営業マンを見分けるのは困難です。

あなた自身が勉強する必要があります。

勉強するのは面倒だという人のためにも今後こちらのサイトで暴露話をしていきますので記事を読んで頂ければ幸いです。

それでは本日も最後までお読みいただき本当ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする