ダイエット食品を食べ続けても痩せない本当の理由とは??

どうも!

きらたです。

いつの時代もダイエットは商売になります。

テレビで新しいダイエット方法を放送すれば数字が取れるし、

ダイエット食品を販売するとどんどん売れます。

コンビニやスーパーに行くとたくさんのダイエット食品が売られています。

テレビなどの情報に踊らされている人たちはこぞってダイエット食品を購入します。

そして、なかなか痩せません・・・・・。

大手の会社の情報に踊らされるのはもう卒業しませんか??

今回はダイエット食品を食べても痩せない本当の理由をお伝えしていきたいと思います。

ダイエット食品を食べても痩せない理由とは??

当たり前ですが、人間は生きるためには食べ物を食べてから体に栄養を取らないといけません。

一般的には食べ過ぎると太るし、食べないと痩せていくと思っている方が多いです。

食べたカロリー>消費するカロリー=太る

食べたカロリー<消費するカロリー=痩せる

あなたはこのように考えていませんか?

今からお伝えすることは少し違う視点からの考えなので頭を柔らか~~くしてから読み進めてください。

私たちが食べ物を食べると体の中で体に吸収できるように栄養に変えたり、毒物は分解して体の外に出すようにしています。

体の中に毒物がたくさん入ってくると毒物を分解するのに内臓はヒーヒーと悲鳴を上げているわけです。

このような状態では体の中は上手に栄養を体に吸収したり、悪いものを外に出したりする機能が低下してしまいます。

こうなると体の代謝が低下しどんどん太りやすい体になっていきます。

代謝とはここでは簡単に食べたものをエネルギーに変えることと考えてください。

代謝に関しては別記事で詳しく説明させていただきます。

何故、ダイエット食品を食べても痩せないのか?

それは、体に良くない毒物がたくさん入っていて体の代謝を低下させているからです。

体に良くない毒物とは?

体に良くない毒物とはたくさんありますが、ダイエット食品の代表は添加物化学調味料です。

ダイエット食品はよくカロリー0などの表示がされていると思います。

砂糖が入るとカロリーが高くなってしまうので砂糖を入れていません。

砂糖を入れずに甘くするためには、あなたも知っている人工甘味料です。

人工甘味料が体に入るとあなたの体は悲鳴を上げています。

そのせいで代謝は下がるし、がんなどの病気の元とも言われています。

砂糖は体によくありませんが人工甘味料はもっとよくありません。

海外では人工甘味料が入っていると売れないため、プロテインなどには人工甘味料を入れずに日本とは逆に砂糖を入れたりしています。

糖質オフや糖質0のものを食べたり飲んだりするということは、あなたの体を痛めつけ代謝が下がり結果的に太りやすい体を作っているということを覚えておきましょう!!

将来あなたが重大な病気になりたくなければ、今すぐダイエット食品を止めましょう!!

何を食べればいい??

添加物や化学調味料などを取らないようにする話をすると必ずと言っていいほど、

「そしたら何を食べたらいいんだ?食べるものがないだろ??」

と怒る人がいます(笑)

今の日本ではほとんどの食べ物や飲み物に当たり前のように添加物や化学調味料が入っていますが、探せば必ずあります。

何を食べればいいか?

簡単です!!

栄養のあるものを食べてください。

コンビニのお弁当などを食べずに、スーパーでお肉や野菜を購入して自分で料理をしたものを食べれば大丈夫です。

調味料などの細かいことを言えばもっとありますが、混ぜて炒めるだけの〇〇の元などは使用せずに自分で味付けをしたものを食べましょう!!

栄養を取り過ぎると太るのでは?

と思うかもしれませんが、何故栄養のあるものを食べれば太らないのかを説明します。

栄養のあるものを食べると脳は必要以上は欲しがらない?

私たちの脳みそは本当に優秀です。

体に栄養が足りないと思えば

「お腹が減ったー」

と信号を出してくれます。

体に十分な栄養が入ってくると

「お腹いっぱいだよー」

と信号を出してくれます。

しかし、スナック菓子なそ栄養のないものはどんどん食べれてしまいます。

添加物や化学調味料に脳がだまされているからです。

お腹いっぱいでお米が食べれない時に、ふりかけをかけると食べれちゃうことはないですか?

お腹いっぱいでお米が食べれないということはすでに脳は

「もう糖質の栄養は足りてるよー」

と知らせてくれています。

しかし、ふりかけをかけると食べれちゃうということは脳がだまされているということがわかりますよね??

甘いものは別腹というのは、砂糖や添加物に脳がだまされている代表ですね(笑)

飲み物から変えてみよう!!!

本来であれば口にするものをすべて、一度に変えることが望ましいですが初めは中々難しいと思います。

今まで添加物や化学調味料をずっと口にいれてきた方はすでに中毒になっているからです。

今まで食べていたものを食べなくなると口が寂しくなってしまうかもしれません。

それは、今までの中毒のせいだと理解しましょう!!

そしてまずは、飲み物から変えていくとこをお勧めします。

今まで砂糖や人工甘味料が入った飲み物を飲んでいた方は止めましょう!

飲み物を水・お茶・ブラックコーヒー・ハーブティーなどに変えましょう!

そうすることであなたは本来の味覚を取り戻しはじめます。

長く続けていると体に悪いものが口の中に入っただけで違和感を感じるようになります。

そこまでくるとあなたは食べ過ぎることはもう必ずなくなっています(笑)

外食は調理ではなく料理をしているお店へ!

家やお弁当は自分で作れば大丈夫ですが、外食は?どうすれば?

と思うかもしれません。

外食をする場合は調理をしているお店ではなく料理をしているお店に行きましょう!

調理というのは大手のファミレスや牛丼チェーン店、全国チェーン店の居酒屋など焼くだけ、温めるだけ、切るだけといった食べ物です。

これはたくさんの添加物や化学調味料が入っています。

料理とはお肉や野菜を切って、炒めたり、煮たり、揚げたりシェフが作っている食べ物です。

しかーし、友達などに誘われて調理のチェーン店に行かないといけない場合もあると思います・・・・・。

その時は、思いっきりその場を楽しみましょう(笑)

気にしすぎてストレスになるのもよくありません(笑)

矛盾すると思う人もいるかもしれませんが、完璧にする必要なはないです。

普段食べ物に気をつけている人が、たまーに悪いものを食べたぐらいで急に太ったり、すぐに病気になったりはしません。

大事なのは習慣です!!

まとめ

①ダイエット食品が痩せない理由は添加物や化学調味料などのせい

②痩せるためには栄養のあるものを食べる

③飲み物から変えてみる

④外食は調理の店ではなく料理をしているお店へ

⑤ストレスをためないために完璧主義にはならない

今回は、何故ダイエット食品をとっていても痩せないのかについてお伝えしてきました。

痩せないばかりではなく、添加物や化学調味料はあなたの健康を奪ってしまいます。

このことを頭に入れて普段食べるものを気をつけてみてください。

それでは本日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする